1492円 耐熱メラミン ネオエレックス 煮物椀 身 花言葉 (φ172×H50mm・330ml) [M-903NEA] スリーライン 熱風再加熱対応 病院向け業務用食器 キッチン用品・食器・調理器具 食器・カトラリー・グラス 食器 煮物椀 1492円 耐熱メラミン ネオエレックス 煮物椀 身 花言葉 (φ172×H50mm・330ml) [M-903NEA] スリーライン 熱風再加熱対応 病院向け業務用食器 キッチン用品・食器・調理器具 食器・カトラリー・グラス 食器 煮物椀 スリーライン,煮物椀,1492円,[M-903NEA],ネオエレックス,/hydraulicity433166.html,耐熱メラミン,花言葉,キッチン用品・食器・調理器具 , 食器・カトラリー・グラス , 食器 , 煮物椀,(φ172×H50mm・330ml),病院向け業務用食器,熱風再加熱対応,身,www.gamersclub.jp 耐熱メラミン 海外並行輸入正規品 ネオエレックス 煮物椀 身 花言葉 φ172×H50mm 病院向け業務用食器 熱風再加熱対応 スリーライン M-903NEA 330ml スリーライン,煮物椀,1492円,[M-903NEA],ネオエレックス,/hydraulicity433166.html,耐熱メラミン,花言葉,キッチン用品・食器・調理器具 , 食器・カトラリー・グラス , 食器 , 煮物椀,(φ172×H50mm・330ml),病院向け業務用食器,熱風再加熱対応,身,www.gamersclub.jp 耐熱メラミン 海外並行輸入正規品 ネオエレックス 煮物椀 身 花言葉 φ172×H50mm 病院向け業務用食器 熱風再加熱対応 スリーライン M-903NEA 330ml

耐熱メラミン 海外並行輸入正規品 ネオエレックス 煮物椀 身 花言葉 φ172×H50mm 病院向け業務用食器 熱風再加熱対応 マーケティング スリーライン M-903NEA 330ml

耐熱メラミン ネオエレックス 煮物椀 身 花言葉 (φ172×H50mm・330ml) [M-903NEA] スリーライン 熱風再加熱対応 病院向け業務用食器

1492円

耐熱メラミン ネオエレックス 煮物椀 身 花言葉 (φ172×H50mm・330ml) [M-903NEA] スリーライン 熱風再加熱対応 病院向け業務用食器




 ⇒専用の「ふた」から



ネオエレックス 煮物椀(身)花言葉[M-903NEA]の解説

電子レンジ対応ネオエレックス「(電子レンジ再加熱対応メラミン樹脂)(ダブルコーティング)」。
やさしい小花柄をデザインした、電子レンジ対応メラミン食器です。
病院やカフェテリアなど様々なシーンでお使いいただけます。
●耐熱温度は140℃で一般のメラミンに比べ高い耐熱性。
●冷蔵保存した状態から加熱することが可能です。
●高温仕様でも変色しにくい。
●加熱効率を考えた肉厚と形状。
※蓋と身はそれぞれ別売です。

ネオエレックス 煮物椀(身)花言葉[M-903NEA]の詳細

メーカースリーライン株式会社
商品名煮物椀(身)
柄名・シリーズ名ネオエレックス(花言葉)
品番M-903NEA
裏面彫刻の型番「THREELINE-M-903」(←同サイズ柄違い一覧)
サイズ直径172×高さ50mm・容量330ml
別売りの蓋M-902NEA
材質耐熱メラミン
食器洗浄機使用可
食器乾燥機使用可
食器消毒保管庫使用可(85℃、20?30分程度)





耐熱メラミン ネオエレックス 煮物椀 身 花言葉 (φ172×H50mm・330ml) [M-903NEA] スリーライン 熱風再加熱対応 病院向け業務用食器

  • 慶應義塾大学 理工学部・理工学研究科 Faculty of Science and Technology, Keio University
  • 慶應義塾大学 理工学部・理工学研究科 Faculty of Science and Technology, Keio University
  • 慶應義塾大学 理工学部・理工学研究科 Faculty of Science and Technology, Keio University
  • 慶應義塾大学 理工学部・理工学研究科 Faculty of Science and Technology, Keio University
  • 慶應義塾大学 理工学部・理工学研究科 Faculty of Science and Technology, Keio University

あなたは、どんな理想を叶えたいですか?

慶應義塾では、一人ひとりが理想を掲げ、
それを実現するために一生懸命活動しています。
研究や社会、将来の姿など、
様々な物事に対して常に理想を考え、
学生や教員がお互いに支え合い、
意見を尊重しながら、その想いを実現させています。

詳しく見る

News/Event

ナビゲーションの始まり